みなさんは、もうきん舎&ワシ・タカ舎を知っていますか? たくさんの珍しい鳥を見られるのも、旭山動物園の特徴の一つです。 ただ、旭山動物園には、鳥を展示している施設が多く、全部を巡るのは、けっこう大変なのです。 一日で、効率よく回るには、動物園に行く前に自分が見たい鳥がどこにいるのかを旭山動物園のホームページ内にあるマップでチェックしておくと良いですよね。 そんな中、2010年にオープンした「もうきん舎」では、オジロワシやオオワシというワシを見ることができるのです。

ワシは、かなり大きさがあって、精悍な顔立ちをした見た目も、カッコいい鳥なのです。 旭山動物園の「もうきん舎」には、シマフクロウ用のスペースもあるのです。 ですが、2011年の段階では、シマフクロウの姿はなく、釧路市動物園にいるのです。 シマフクロウの希少性を考えた場合に、一箇所で展示していたら感染症になる恐れがあるので、旭山動物園にいつでも移せる準備をしています。

近い将来、旭山動物園でシマフクロウを見られる日が、くるかもしれませんよね。 もうきん舎にいるワシ以外の種類のワシやタカを見たい場合「ワシ・タカ舎」に行きましょう。 タカは、ワシとよく間違えられますが、実際に見てみたら、体つきや顔立ちが全くちがうことがわかりますよ。

関連ページ