ラブラドライトについて

ラブラドライトは1770年、カナダのラブラドル沿岸にあるセントポール島で発見されました。
現在の主要な産地はカナダ、マダガスカル、フィンランドなどです。
パワーストーンとしての効果は根気強い実行力を養い、人に信念を貫く力を与えるとされています。
他にも妬みや失望、憎しみやうつ状態などのマイナス名感情を吸収し人を癒す効果があるともいわれています。
創造力に働きかけ、インスピレーションを与えてくれる効果もあります。
そして魔よけの効果があると考えられていますので邪気払いや魔よけの儀式などに使われることもあります。
土や太陽の光がラブラドライトの持つ力を弱めてしまうので保管には注意が必要ですし、長時間の水洗いもパワーストーンとしての効果を損ねるのでよくないといわれています。
オブシディアンと一緒に持つことで夢を現実に引き寄せる効果があるといわれていますが、持つ人の運命とあまりにかけ離れた夢に関しては引き寄せ効果はあまり期待できないので、あくまで持って生まれた使命を補助する力としてみるのが良いでしょう。
ラブラドライト効果?天然石の体験談【再会・復縁の意味も】