経営者住宅ローンは組むのが厳しい?

個人で事業を行っていたり、会社を経営していたりする方は、基本的に住宅ローンを借りるのは厳しいです。
経営で資金を借りるのと違って、経営者住宅ローンは長いスパンで支払うローンです。
貸す側としてもサラリーマンほど安定していないので、審査に慎重になります。
基本的に言われているのは、最低でも過去三期分は黒字経営で有ることと、サラリーマンの方より頭金を多く用意するという事です。
普通は住宅ローンは30年とか35年という長期に渡るローンですが、経営者の方はそれよりも期間の短いローンしか組んでくれない可能性が有ります。
それに普通ならフラット35ぐらいでしか加入しない、団体信用生命保険に加入させられる事も多いです。
住宅ローンですから普通は源泉徴収票ぐらいしか必要ではないですが、貸借対照表や損益計算書などの書類が複数年必要になります。
それでも自宅がないというのは経営者のステータスにも関わりますので、ある程度成功したら自宅を建てるために経営者住宅ローンを活用しましょう。
http://www.managers-housing.com/