住宅ローンの返済期間に関する質問とは?

返済期間に関する住宅ローン相談は多くあります。
変動金利型や固定期間選択型2年、3年などは、金利引き下げによって、実質的には1%前後の金利で利用することができます。
20年以上の返済期間でこのタイプのローンを利用すると、金利が上昇したときに返済額が大幅に増加するなどのリスクが大きいのですが、返済期間を10年、15年程度に短縮できる人なら、そのリスクは格段に小さくすることができるのです。
全期間固定金利型などの金利の高いローンではなく、このタイプのローンを活用して、低金利のメリットを最大限享受するのが得策なのです。
どのような人ならこのタイプのローンを利用できるかも見ておきます。
基本的には年収がどのくらいかによって見極めることができます。
年収が1000万円前後ある人ならば、2000万円や3000万円の借入額で返済期間を10年程度に短縮することができますが、そうでない人の場合は返済期間を短縮するのは難しいというのが実態です。
住宅ローン相談おすすめは?審査・金利・銀行選び【無料申込窓口】